青缶パックでキメ細かな肌へ

nva_cream_01_img_l

「毛穴が開くから、絶対に鼻パックはやったら駄目」
友達からそう言われ、中学時代から鼻パックを我慢してきましたが……、20代を過ぎた頃に思いました。
「毛穴パックやらなくても、毛穴開くし黒くなるじゃないか!」と。
気をつけてはいたのですが、年齢と共に毛穴は開くし黒ずんでくる。どうにかしたいけれど、お金はあまりかけたくない。

そこで試したのが、ニベアの青缶パックです。
ニベアの青缶には毛穴の汚れを落とす効果があるとの噂を聞きつけたので、お風呂に入りながら早速実践。洗顔後、ニベアをたっぷり塗って10分程放置し、その後はよく泡だてた洗顔料で洗い流すという方法です。
洗い上がりの肌はモチッとしたスベスベ肌、毛穴の汚れは想像した以上に落ちました!小鼻の横のザラザラとした触り心地もなくなっており、どうやら角栓も取れたようです。
ただ毛穴が小さくなったかどうかと言うと……、開いたまま。せっかく黒ずみを除去できたのだから、何か良い方法はないかと考え、ある方法に辿り着きました!

使用するのは、またもやニベアの青缶。これを冷蔵庫で冷やしておくんです。そしてお風呂上がりの火照った顔に、冷たいニベアを塗り込みます。最初のうちは効果を感じなかったのですが、気長に続けるうちに徐々に毛穴が閉じてきました!

アイスノンで毛穴を引き締める方法もやってきましたが、面倒臭がりな私には手間でした。冷やしニベアは塗るだけなので断然楽!オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です